soys  


こしあぶら
soysの主な活動

   1)発酵音楽の制作
   2)五感を解放するプログラム制作
   3)里山から学ぶプログラム制作
   4)出張プログラム


みつばち
1)発酵音楽の制作

  「身近に存在している人や物と作用しあって、そこから新しいもの(その"発酵"とも いうべき作用を通したからこそ
  生まれたもの)を創造すること」をテーマとした音楽活動です。

  <制作例>
  ◎お酒のための音楽「お酒の子守唄」
   純米吟醸音楽酒「天音」(醸造元:田中酒造)を熟成させるためにつくられた音楽。お酒の製造行程に沿って
   「1.発酵 2.しぼり 3.熟成」の3曲を収録したCDが発売中。
   (sax:鈴木広志、pf&acc:大口俊輔、perc:小林武文、bass:東保光)

  ◎地大豆のための音楽「お豆の物語」
   宮城県大崎市の地大豆「くるみ豆」と「じゃこう豆」が1年かけて成長する様子を描いた音楽で、
   「1.開墾 2.種まき 3.草むしり 4.枝豆カーニバル 5.大豆」の5曲からなる組曲。
   2013年夏、CDリリース予定(vocal:吉川真澄/toy piano:須藤英子)。



みつばち
2)五感を解放するプログラム制作

  季節を楽しめるようなイベントを企画しています。詳細は、企画のページをご覧ください。



みつばち
3)里山から学ぶプログラム制作

  <制作例>
  ◎鳴ハッチプロジェクト

  ◎みんなでつくる食卓〜野菜の収穫からお皿づくりまで〜
  子どもから大人まで一緒になって、ひとつの食卓をつくる企画。


みつばち
4)出張プログラム

  <制作例>
  ◎ ザ・ニッポン!~オテル・ドゥ・ミクニ×若き日本人~(2012)
  「鳴子の地大豆と江戸東京野菜のレゾナンス〜ミュズィクを添えて〜」をテーマにつくられた、フレンチ三國清三シェフの
   スペシャルディナーのために音楽を制作し、東京・四ッ谷の「オテル・ドゥ・ミクニ」にて発表。







みず   しどけ   こごみ   うるい    こしあぶら


カウンター